打ち切り

熊本地震で起きた地震からの土砂崩れ。

阿蘇村で行方不明だった方の捜索活動が打ち切られてしまいましたね。

このニュースをみて、色々な思いになりました。

普通に考えてみたら、自分の子供があの土の中にいると思ったら絶対に出してあげたい。

もう日数は経ってしまっているので、生きてはいないとわかっていても、ちゃんと会いたいです。

ただ1人の為に何十人、何百人という単位での捜索活動や税金がかかってくるというのはやっぱり現実問題難しいのかなとも思ってしまって。

今回1番の原因は、土砂崩れの2次災害の危険ですよね。

ご両親の気持ちはきっとやりきれないとは思うけれど、それでも頭ではわかっているといったインタビューにも胸が締め付けられました。

苦渋の決断ですよね。

仮に二次災害で再度土砂崩れが起きてしまったら、また同じように生き埋めになってしまう可能性もゼロではないですし。

こういった判断というのはとても難しいのだろうし、自然災害というのはやっぱり怖いですね。

カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク