しつけと虐待

前回書いた、北海道でのしつけから置き去りになって行方不明になっていた男の子。

無事に保護されて良かったですね。

賛否両論のある事件になってしまったけれど、1週間たって無事に会える状況ってなかなか無いと思うし、本当にまずは良かったなと思います。

しつけって難しいですよね。

家庭の方針もあるだろうし、周囲から見た時に一歩間違えば虐待ととらえられてしまうパターンもあるんだろうなって。

私は約束を破ったときだったり、小さい時に叱られる一種としては押し入れに閉じ込められる、外に閉めだされるというのは何度か経験しています。

これも今は虐待という人もいるんだろうなぁ。

頭や頬を叩かれるというのは記憶上無いです。

悪い事をしたのは自分なので、泣きながらも押し入れや外に出されるのは仕方がなかったなという感じだったので。

旦那さんは何やってんの!と頭をパーンッとされていた事もあるそうだけれど、男の子だからかな?

あとは凄くサバサバしたお姑さんなので、想像できちゃう(笑)

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク