ミラクルに見える

このあたり、
勘違いしている人が本当に多いのですが、
絵を仕事にするというのは、

絵を描くのが仕事ではなく、
絵を売って収益を得るのが仕事なのですよ、ね。

座って絵を描いてても、収益出ませんから。
それならと立って描いても、同じです。

座って描いても、立って描いても、
どこかから収益が涌いて出る、なんてことはありません。

温泉だって、掘らなきゃ出てこない。
自然に涌いて出てるとしても、出てるだけではどうともならない。

その温泉が、あえてお金を払いたくなるほど、
誰かの役に立つ状態にしないと、収益にはなりません。

絵を描いてたら、突然どこかから人がやってきて、
あなたの絵素晴らしい、あなたが生活できるくらい、
高額のお金を払って買ってあげましょう。

絵の仕事はそういうものと思ってる人が、
ほん…っとに、多いようです。大半かもしらん。

そういうミラクルはないとは言いませんが、
突然、地面から人が涌いて出たわけでは、ない。

そういう時は、こちらにもあちらにも、
なにか理由や原因や、状況があるものです。

それをすっ飛ばして説明するから、ミラクルに見える。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク