やっと進展はあったが

3月の大阪市長選でマック赤坂、藤島両り候補が橋下候補の個人演説会で羽交い締めにされた問題でようやく進展があった。

今日、大阪府警察に公選法違反(選挙の自由妨害容疑)や傷害容疑で4人を書類送検したそうです。
でも、これは仕方がないのですが私が正直悪いのは同じ選挙に立候補したマック氏と藤島氏なのです。

実は私も知らなかったのですが立候補者同士で質問はしてはいけなかったそうです。
この時に両候補者は橋下立候補陣営に聞こうと思われたのです。

しかし、この時にマイクを渡そうとトラブルになったと思われています。
もちろん、このマック氏らは府警に告訴をしたそうです。

今回の書類送検は自営業の男性が大阪市内のホールで橋下候補者の個人演説会で発言をしようとマック氏に羽交い締めをしたのです。
もちろん、肩に軽傷を負わせたとしています。

同じように藤島氏も軽傷を負わせた事で警察に被害届を出したと言います。

羽交い締めをしたからと言って悪いと思ってはいないのです。

両立候補者が一番悪いと思われています。

学校では学んではないと思われていますが、立候補予定者の説明会にちゃんと関係者から言っていると思われています。
いくら同じ同士でするのは禁止と知っていれば今回の事はなかったと思われています。

しかしながら何のために立候補したのかよくわからない。

特にマック赤坂氏は遊びで立候補した気持でもあるのです。
つまり、何の目的もない。

今回の告訴は自分たちが目立ちたいと思われているだけだと思っています。

マック赤坂氏は選挙には立候補する資格はない。
何がいいたのかあの選挙で私はわかったような気がしました。

勉強し直すか立候補は辞退はするしかないと思われています。

でも、羽交い締めをしたのはやり過ぎたと思いますが、いいのか悪いのかどちらかと思います。
今回の選挙は対抗する人もいなかったので現職が圧勝したと思われています。

また、選挙と思われますがもうしっかりした人でなければ変わらないと思っています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク