今見てるのは、画面のどこですか?

ぱっと見で、画面全体がすんなり視界に入ってくるのは、
A4サイズくらいが限界じゃないかと思います。

ただ、A4サイズにしてしまうと、

文字の大きさにもよりますが、
そこに並んだ文字の全てが一度に目に入る、とはいかない。

必ず視線がA4サイズの中を移動します。

縦横に直線的に移動するのか、迷って蛇行するのか。
視線がどう移動するかは、書かれた内容による。

そのあたりは人間ずっと、試行錯誤をしてきたようで、
俳句だのなんだのを書き込む短冊があったり、

書かれたことを約1分で読み終わるハガキサイズがあったり、

腕をあまり大きく動かさなくてもおおらかに書き込める、
でも腕の動きを狭める必要もない色紙のサイズがあるようで、

色紙のサイズって、そういう感じに見えるのですが。

どんな単語をどのように、画面に配置するか。

同じ単語で同じ文字のサイズでも、
画面の中央に刺すように配置するのと、
画面の隅に隠れるように置くのとでは、意味が違ってくる。

絵の仕事でも、文章の仕事でも、
見る人の視線をどう誘導するか。

そればっか、考えてる気がします。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク